あまのじゃくがホームラン

営業マン×Rowingコーチ

努力は嫌なことをやり続けることじゃない

昔から努力って聞くとすごく嫌なことを我慢してやり続けるというイメージがあった。

だから、勉強は嫌いだったし、コツコツすることに嫌気がさして、どこか一発逆転のチャンスを狙っていた。

 

そんな、考えが改めさせられる機会が昨日起こった。昨日もいつもどおり学生にボートを教えていた。なかなかうまく行かない時間が繰り返して、僕も粘り強くアプローチし続けてやっといいパフォーマンスがだせた。一緒になって喜んだのだけど、いざ時間をおいてやってみるとパフォーマンスは元どおり。あれ?どうなってるんだ?と思ってみていたのだが、これって一回できたことと、完璧に習得したことの境目が分かっていないんだと思った。

 

何か1つのことを自分のものにするには、できたことに喜びを感じながらチャレンジし続けないといけないなと気づいた。

 

振り返れば僕自身の人生も一回できたこと=完璧にできたことと勘違いして進んできたことが多々あった。

 

努力とは一回できたなりたい未来を夢見ながらワクワク楽しく日々を過ごすことなんだと思った。そう思えば、毎日は少し楽しくなるかもしれない。