あまのじゃくがホームラン

営業マン×Rowingコーチ

どのような?

こんばんは。

今井です。

 

今日は朝からこれを鑑賞。

 

www.ted.com

 

最初のメッセージがすごく強烈。アイデンティティの影響力はすごい。誰かに言われたメッセージは正しいか正しくないか関わらず、信じ込んでしまえるということだ。

 

人は自分にとって不都合なことや好ましくないことを言われると、怒りそのことから目を背けようとする。アメリカの司法の場ですらそういうことが起きているのだから、日常生活の中でそんなこと頻繁にあるだろう。果たしてどうすればそのような思い込みから解放されていくのか。解放されるために一方踏み出す勇気も必要になってくるだろう。

 

人は思い込んで周りを批判している方が楽だと思っている。批判したり、怒ったりすることで結局自分は変わらなくていいことが多いからだ。ただそういうことをしている人ほど成長感がなく、いつまでたっても成長できないのだと思う。

 

そもそも思い込みっていつからはじまるのだろか。自分では思い込んでいないつもりでも、いつのまにか思い込んでしまってることなんて多々あると思う。自分が本当の本当にやりたいことを探るためにも、常識を疑い、思い込みを解除していく努力は日々必要なんだと思う。

 

逆に思い込みをいいいいように使うのもありだと思う。よく瞑想やマインドフルネスとか耳にするが、それは良い思い込みをうまく利用しているんだと思う。ただイメージは記憶できないので、やり続けることが重要になる。

 

思い込みをしっかり使いこなして、自分が幸せになれるよう思いこむ。そのことで、毎日が少しでも楽しく生きれるのであれば、みんなポジテョブな思い込みで世界はもう少し生きやすくなるだろう・・・

 

 

ポジティブな思い込みは世界を救うといっても過言ではない。

プラスに楽しくいきよう。