あまのじゃくがホームラン

営業マン×Rowingコーチ

嫌なことに出会った時の対処法

おはようございます。

今井です。

 

最近、お昼ご飯を同じものしか食べてないなと思い、いろいろなお店を検索するものの、結局いつものお店に行ってしまうことがよくあります。

昔、海外にいった時もそうで、ネットで評価が高いお店に行こうと思いチェックはするのですが、お店のメニューをみると知らない料理ばかり・・・

結局、マクドナルドと寿司屋とラーメンしか食べていませんでした。

 

こういうことは、僕自身の食わず嫌いから起きていることなんだろうと思い、食わず嫌いについてちょっと調べて見ました。

 

profile.ne.jp

cotree.jp

amatani.info

 

どうやら食わず嫌いに自分の性格がよく表れているみたいです。 

このやっかいな性格。

思い返すと仕事や私生活でもよく表れています。

 

例えば、職場の人が自分に全く興味のない話を話掛けてくると、僕は、すごく無愛想な顔で対応してしまったり・・・友達の趣味を聞いて、自分の知らないことだと、話を一気に変えてしまったり・・・そんな、知らず否定を無意識のうちに繰り返していました。

 

さて、とはいえこの生き方はだいぶ損をしているなと思いなんとか改善したいなと思っいると、こんな記事を見つけました。

 

ch.nicovideo.jp

 要約すると

①食わず嫌いは思い込みや決めつけから始まる

②知らない(体験してない)ことはわからないと意識する

③分からないという状態をどう受け入れるか

分からないという状態から脱出する方法は2つ。分かろうと努力する。もしくは、分かったような気になる

知らないのに嫌いになったり、否定したりするのは、自分の世界を狭めるだけ。その中に、自分にどハマりするものがあるかもしれない。

⑥だからこそ、知らないものを否定せず、知らないものは分からないと意識することが大切

 

これを読んで、おもわず目から鱗。

なぜかというと、分かったような気になって満足することは、自分の行動そのものでしかないからです。

物知りってよく周りの人から言われるんですが、自分では頑張って頑張ってそのペラさを隠してるいるだけだったなとこの記事読んで気づけました。

 

日々いろんな情報に触れたりするので、もっといろんなことを広く深く知る。

自分が体験できるものは自分が体験して、できないものはちゃんと細かい事実ベースで情報を拾いに行く。(原因と目的まで)

 

これからはそんなことを意識して暮らしていきたいです。