あまのじゃくがホームラン

営業マン×Rowingコーチ

生で見る話し

おはようございます。

今井です。

 

インターネットが発達している今の社会。スマートフォンから誰でもすぐ情報にアクセスできる。だから、情報なんて意味ないや。どこに格納されているか、どうやってググればいいかということの方が重要だと思っていた。今後、AIが発達していくにあたって自分が何に困っているのかまで、グーグルが教えてくれそうになる。テクノロジーの発達で、暮らしは豊かになったが、幸福度みたいなところは確実に下がっているように感じてて、発達すればするど、日々の生きがい、目的みたいなものがますます失われていくような気がする。

 

そんなことをここ2週間ほどずっと考えていて、もやもやした気持ちでTwitterGoogleをあさっていると、高城剛さんの言葉がやけに目についた。

 

 

 

 

こんなツイートを見ていると、自分で行動することがとっても大切なんだと思ってきた。ネットにある情報ではなく、自分から情報を仕入れに行こうと思い、毎日自分から人を誘い、飲みにいくことを2週間してみた。そんなことをしているとやはりいろんなことが聞けて、生の情報を見ることができた。そして、昨日はなにかのご縁で自分たちの会社のレジェンドと呼ばれている人とご飯をご一緒させていただくことができた。その場で学べたこと、感じたことは人伝いに聴く話しよりとてもリアルで、すごく胸に刺さった。

 

ホリエモンがよく言っているのを見たのですが、やはりバッタボックスでバットを振り続けることが何よりチャンスに出会いやすい。行動していろいろな人と関わりができるからこそ、また予期しないところで思ってもいない人と関わることができるようになる。そんなチャンスを今まで自分の恥ずかしさや、めんどくさいという気持ちだけで逃してきたと思うとすごく勿体無いことをしているなと思った。ノリよくまずは行動してみる。そして面白くなければ今後はやめてしまえば良い。そんなシンプルなことを肌で感じた二週間だった。

 

 

自分の磨き方

おはようございます。

今井です。

 

昨日のお話。

昨日は昨年までの元上司と飲みに行ってました。その方はほんとに素晴らしい人なんですが、何がどう素晴らしいのか分からずいたのでこの際だ!と思いいろいろ聞いてみました。

 

その方は、自分の信念をしっかり持ってる方で、なんせ戦略好きで、ゲームに勝つことが本当に好きな人です。

 

何がその人をそんなに動かしてるのかと思うとやはり成長したいという強い意思、なぜ成長したいかというと嫌なことをNOとしっかり実行できるようになりたいからだそうです。

 

でも、そんな戦略好きで、自信をすごくお待ちの方でも、昔、うまくいかなかった経験があったらしく、本当にウツになりかけたと笑って言っておられた。

 

なんか、最近いろんな人とご飯を言って、いろんな話を深く聞いてると、出会った環境、置かれた環境の分、人の幹はすごく太くなっていくんだなと実感した。

 

嫌だと思ってること、気乗りしないことに向き合うことで、結果として自分と向き合うこととなり、その向き合ったことが何かしら今の自分を創っていると考えると、毎日毎日の一瞬一瞬がとても大事だとすごく実感した。

 

目の前のことを利用して自分とどう向き合うか、向き合った結果どんな新しい自分に出会えるのか、毎日実験していきたい。

全てはコミュニケーションのギャップ

おはようございます。

今井です。

 

日々生きてる中で、どこへ行ってもコミュニケーション能力が求められている気がする

 

大きな声で挨拶を。思ったことはハッキリいいなさい。人の話はしっかり聞きなさい。他人の意見を尊重・・・

 

こういった会話は日々どこでもある話だ。特に新入社員が入ってきた僕らの部署ではよく耳にする話だ。

 

でも、よくよく考えてみるとコミュニケーション能力という神スペックは、超あいまいスペックであり、コミュニケーションの定義は人によってさまざま。そして、なぜ定義がさまざまかというと目的に応じてコミュニケーション能力というツールは何にでも変化するからだ。

 

最近の若者はコミュニケーション能力がない!とか言ってるおまえが1番コミュニケーション能力がないことに本当に早く気づいて欲しい。

 

そんなコミュニケーションのギャップをテクノロジーで埋めることができれば、全てが潤滑に周り、もしかしたら世界から本当に戦争がなくなるかもしれない

 

相手に、目的にあったコミュニケーション能力をこれからも追求したい

 

ワンオペ育児はみんなの問題?

おはようございます。

今井です。

 

僕の職場では働くママさんがすごい多いです。朝から家事をして、子どもを保育園に預け、仕事にいき、そこからスーパー高速で仕事をして、4時には帰る。そんな働き方をママさんたちはしています。

 

ただ、こんな働くママさんたち。周りの同僚からのサポートは非常に厳しい状態です。個人思考が強い僕たちの会社では、あまり周りのサポートは望めません。ともすれば、チームの数字などで批判されるケースの方が多い文化です。なので、子育てを経験したことないメンバーからすると、ママであることを言い訳にするな!というような感じで、大変そうです。また、それは管理者の問題だ。と言われることもあるかもしれませんが、マネージャー自身もそんな人たちをマネジメントした経験が初めてなので、なかなかうまくいかないというのが現状。

 

今日もいろいろニュースをチェックしていると保育や働くママ支援のために政府は〜というような記事がたくさん出ていました。

 

 

 

こういうのをよくみてて思うのですが、政府まかせ、会社まかせのおんぶにだっこの状態はいつまで続くんだろうか。政府、会社はそれぞれの立場で様々な策を講じている。(施策の内容の良し悪しはさておき…)僕たちのレベルでも考えて実行していかないといけないのではないのかなと改めて思いました。ママはママの立場から、メンバーはメンバーの立場からそれぞれできることをやればいいんじゃないかなと思います。

 

この問題にもし自分が何かできるとすれば、どういったことだろう?と考え始めることがこういった問題を少しでも前に進める一歩かもしれない。

 

属人的な仕事ではなく、コンピュータができるところはコンピュータがして、人にしかできないところの価値を社会全体で磨いていかないといけない気がした。

 

決めつけない。

こんばんは。

今井です。

 

今日は会社の先輩とごはんに行ってきました。

年齢は先輩だけど、年次としては同じぐらいだったので、すごく楽しい時間でした。

 

いろんな人を勝手に決めつけずにいろいろ話をしよう!そしていろいろ学ぼう!と決めてからはや2週間。いろんな人をご飯に誘って、今まで自分がどれほど思い込みの世界で生きてきたことか、とても気づかせていただける機会が増えました。

 

けっこう、小さいことだったり、大きなことだったり、人によって気になるところは違うんだなと改めて思ったし、コミュニーケーションの大切さみたいなところ改めて認識した。

 

人は見かけによらず弱いものだから、支えあうことも、声をかけあうこともできる。

そんなナチュラルな関係性が良いのだと思う。

 

見栄を張らず思ったことを気を使わず言う。

そんなことが今の時代を生き抜くために必要な能力なんだと改めて思った。

1日の楽しみ方

おはようございます。

今井です。

 

昨日から始めていることがあります。

それは予定をびっちり入れて行動することです。

1日の時間でいつどこで何をするのかを常に明確にしておくと次何をするのか困らなくなるので、自分の時間を思う存分過ごせます。

 

もちろん時間に追われストレスに感じることもありますが、スケジュールに合わせて動く!っていうよりも、自分にあったスケジュールを立てることにしているので、気持ちがすごく楽に感じる。

 

今何をしているのか。常に明確な状態で1日を過ごす習慣を手に入れよう。

ハンズオンの姿勢

こんばんは。

今井です。

 

今日はとても楽しく1日を過ごせた気がします。

自分の時間を有意義に、焦らず、有意義に過ごすことで、自分との会話もよく進み、今自分がしたいことなどが明確に見えてきた気がしました。

 

そんなことを実践しながら、ふとこんなことも考えていました。それは、目の前の仕事などがどうして面白くなく感じるかということです。

嫌だと感じる仕事はなかなか手付かずになり、やりたいところはどんどん進んでいく。理由はシンプルでほとんどの場合はゴールや目的が不明確、あやふやだったりするから面白くなく感じるのかと思う。

 

 

そんな時は一旦リラックスをして自分の中の大きな目標と目の前の仕事がどう言ったところでつながっているか5分考えてみればいいと思う。そう言った自分の大きな夢とと今目の前にしている仕事との接続ができるかどうかで、とても心持ちは変わってきます。

 

さて、明日も頑張ろう。